バックパックのサイズを使い分け
 必要な荷物を安心&快適に持ち運ぶ!

  トレイルバッグ、デイバック、バックパックの違い!
トレイルバッグとはトレッキング、トレイルランニングなど小時間移動の際に腰や背中などに着けるバッグ、デイバックとは日帰りから1泊分までの荷物を入れるバッグ、バックパックとは1泊以上のときに荷物を入れるバッグのことを一般的に指しています。

30L級の軽量モデル
  • トレッキングには日帰り分の道具が収まる。コンプレッション機能を利用し、
    よりコンパクトにできる。

  • 60L級の大容量モデル
  • 登山にはテントやシェラフも入る。ヒップベルトのサポート機能で腰にかかる負担を軽減。


  • 水分補給のためのハイドレーションパックをはじめ、替えのウェア、携行食といった程度の荷物で済む日帰りコースや、テントが不要な山小屋はくなら30Lクラスで十分。

    30Lクラスのバックパック商品はコチラから>>

    バックパックラインナップはコチラから>>

    アウトドア用のバックパックは、通気性の確保やフィット感向上のための特殊な構造を採用する。そのため実際にどのくらいの道具が入るの変わらない人も多いとおもいます。そんなバックパックの中でも、トレッキングと登山にオススメのタイプがあります。


    最近のアウトドアギアは携帯性に優れるものの、食事を作るストームをはじめ、携行する荷物が多いテント泊の登山には60Lがオススメです。

    60Lクラスのバックパック商品はコチラから>>

    バックパックラインナップはコチラから>>

    アウトドア用のバックパックは、通気性の確保やフィット感向上のための特殊な構造を採用する。そのため実際にどのくらいの道具が入るの変わらない人も多いとおもいます。そんなバックパックの中でも、トレッキングと登山にオススメのタイプがあります。